熊野の楽しい遊び場
irokuma kids

irokuma kids メンバー

 
irokuma 代表: 井上 結子

三重県熊野市を拠点にirokuma kids を運営している 井上 結子 と申します!
熊野に移り住むなり、美しくて楽しい熊野の大自然、美味しい山海の幸、おだやかな人たち、優しい熊野弁が好きになりました。 そして何より、熊野ではじける子どもたちの笑顔が大好き。irokuma kidsの始動、古民家修繕、農家民宿、観光業と、初めてづくしで挑戦中!!

irokuma kidsの仲間: 熊野市観光協会  
https://www.kumano-kankou.info/

熊野市観光協会は、見どころいっぱいの熊野市観光のスペシャリスト。
思いっきり遊べる自然があふれる熊野は、世界遺産・熊野古道が縦断し、太古の昔から人々が心と体の平穏を願って目指した歴史的にも奥深い土地。 未来を担う沢山の子どもたちにこそ熊野を知ってもらい、楽しい思い出の地にしてもらいたいという思いから、irokuma kids と一緒に熊野を盛り上げます!

iokuma kidsの仲間:山野 元気 教諭 ( 現役カリスマ教師 兼 落語家)

初めまして、八尾曙川小学校 教員の山野元気と申します。
今回、三重県の熊野市観光協会から協力要請を受け、irokuma kids のお手伝い(プログラムの監修)をさせていただくことになりました。
irokuma kids に参加してくれた子ども達が、「どうせ無理」から「あきらめなければ、夢は叶う!」に変わる瞬間に立ち会いたい!と思い事業に協力させていただくことにしました。(山野先生の紹介へ)


iokuma kidsの仲間: 株式会社ブリストラベル
(全国旅行業協会員 第2-2983号)
           代表 久吉 淳史

大阪で旅行業を営んでいる 久吉 淳史 と申します。
拠点は大阪ですが、2018年から様々な形で熊野と関わってきました。
irokuma kids の事業理念に賛同し、一緒に楽しみながら盛り上げていきます。
事業のモットーは時代や地域を超えて、“不安”や”悲しみ” を乗り越えるキッカケを作る。私たちは、事業を通じて、素敵な世界 に貢献する。」です。
近い将来人口が1億人を割ります。(2040年〜2050年)。そして、高齢化は今よりも進み、労働人口は大きく減少し、一人一人の負担は今よりも大きくなります。大変な時代がやってくることは間違いないのです。そんな大変な時代でも、“不安”や”悲しみ” を乗り越えたマインドの人たちと、一緒に楽しい世界を創っていきたい。そう思っています。
これから、irokuma kids の遊びを通じて、一人でも多くの子どもたちのマインドが 今より “ plus “ になるように尽力します。