あそび

やってみよう!今度はミカンの皮で草木染め

ミカンの皮って、食べたら捨てちゃうしかない?!

いえいえ、
ミカンの皮も草木染めに大活躍!

「食べたら、染める」
ミカン活用法 新常識!
やってみたい!と思ったら吉日。さぁ、やってみよう!

草木染めって、実はとっても簡単!

「草木染め」
複雑そうに見えて実はシンプル。

そのへんのことは、こちらの記事へ。

煮出して、染めて、色止めして。
やることは、これだけ!

みかんの皮 でやってみよう!

前回はミカンの葉っぱで挑戦しましたが、
今回はミカンの皮。

なぜなら、ミカンの皮を剥きながら、捨てるのがもったいなくなってきたから^_^;

ミカンの皮も、葉っぱでも草木染めができたら、
美味しくて、良い香りで、美しい色に染めちゃうミカン、
なんて素敵なんでしょう。

ということで、
さっそくミカンの皮で草木染めチャレンジ、スタート!!

いざ、草木染めスタート!

今回使うのは、我が家の裏庭の八朔。
5個分の皮を剥いて煮出します。
(我が家の八朔は無農薬(ほったらかし)栽培なので、見た目よりも味重視。皮のシミや傷は気にしません!^_^;)
沸騰してから約20分後。
黄色くて良~い香りの染液ができました♪
今回は、ガーゼハンカチと綿100%のタオルハンカチを染めてみます。
10分ほど浸して、媒染液(ミョウバン+水)へ。
色づきがかなり淡いようだったので、
これを3回繰り返しました。

そして、結果がこちら ↓↓↓
一番右の白い布が、染める前。
右から二番目が、染めた後。

葉っぱとは、また違った色合いでした。
葉っぱは若草色、皮はうっすらミカン色。
草木染は柔らかい色合いがいいですね。

オンライン講座やります!

この楽しみ&春色を届けたい!
ということで、オンライン企画あります!
一緒に熊野の春を遊びましょう♪

日時  : 4月25日(日)10:00~13:00
お申込み: TABICA のページからお申込みください。
※こちらのリンクから登録いただくと、先着5名まで10%オフが受けられます!

参加いただくかたには、みかんの「葉っぱ」を事前にお届けします。
オンライン当日はその葉っぱを使って草木染めを一緒に楽しみましょう。

さらに!
お届けする材料のなかには、プレゼント用のラッピングセットが入っています。
これは、5月9日の母の日のプレゼント用にぜひ使ってください。
やさしい春色を、日頃の感謝をこめてお母さんに。。。

まとめ

難しそうに思える草木染めも、やってみたら実は簡単でした。
なんでも「やってみたい!」、「やってみよう!」の気持ちが大切ですね。

irokuma kidsは、「やってみたい!」を全力で応援し、「やってみよう!」に変えていきます。
投稿に興味をもっていただいた方、こんな体験がしてみたいというご意見などがあれば、お問合せフォームからどんどんお寄せください!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です