あそび

やってみよう!みかんの葉っぱで草木染め

、草木が生き生き輝きだす季節がやってきました!
生命力とやさしさに満ちた春色が好きです。
この春色を、「草木染め」で残せたら素敵ではありませんか!?

でも、草木染めって難しいのでは???
何を準備すればよいのか分からない。。。
ちょっと手が出しづらい。。。

NO!
やってみたら、実はとってもシンプルでした。
出来上がりの色合いは、まさに春色。

さぁ、思い立ったらやってみよう!染まってみよう!!
草木染めの世界♪

草木染めって、実はとっても簡単!

「草木染め」
なんだか難しそうに思いますが、実はその工程はとってもシンプル

①植物を水から茹でて色を出す
②色が出たお湯(染液)に布を浸けておく
③”ミョウバン”をお湯に溶かしたもの(媒染液)で色止めする

これだけ!!

このなかで起こっていることは、実は超化学的!反応なのですが、それはまた別の機会に。
とにかく、やってみると簡単!なのです。

みかんの葉っぱ でやってみよう!

やり方がわかったところで、いざ実践。

今回は、熊野の特産物「みかん」を使います。
みかんといっても、どこでも手に入る「果実」ではなく、「葉っぱ」のほう。

海が見えるみかん畑で、無農薬栽培に取り組んでいる友人から分けてもらいました。

さて、どんな色に仕上がるのか???
ワクワク♪

まずは、ハサミで葉っぱを半分くらいにザクザク切って、重曹と水と一緒にお鍋にいれて、煮出します。
沸騰してから約20分。
結構濃い目の茶色が出てきました。
茶色に仕上がるのかな???

何色に染まるかな?

染液の中に布(綿)を浸して、次に、ミョウバンを溶かしたお湯に入れて色止めします。
すると、
茶色ではなく、すご~くやさしい若草色に染まっていました!!
ちょっと色味が薄いので、もういちど染液のなかへ。
しばらく浸してから取り出すと、さっきよりほんのり色が濃くなった感じ♪こんなに簡単に春色が手に入るなんて。
驚きです。

オンライン講座やります!

この楽しみ&春色を届けたい!
ということで、オンライン講座を企画しました。

日時: 4月25日(日)10:00~13:00
お申込み: TABICAのページからお申込みください。
※こちらのリンクから登録いただくと、先着5名まで10%オフが受けられます!

参加いただくかたには、みかんの葉っぱを事前にお届けします。
オンライン当日はその葉っぱを使って草木染めを一緒に楽しみましょう。

さらに!
お届けする材料のなかには、プレゼント用のラッピングセットが入っています。
これは、5月9日の母の日のプレゼント用にぜひ使ってください。
やさしい春色を、日頃の感謝をこめてお母さんに。。。

まとめ

難しそうに思える草木染めも、やってみたら実は簡単でした。
なんでも「やってみたい!」、「やってみよう!」の気持ちが大切ですね。

irokuma kidsは、「やってみたい!」を全力で応援し、「やってみよう!」に変えていきます。
投稿に興味をもっていただいた方、こんな体験がしてみたいというご意見などがあれば、お問合せフォームからどんどんお寄せください!