あそび

手づくり流しそうめんスライダーでもっと楽しくなる!家族で過ごす日曜日

流しそうめん、
これこそ、日本流アウトドアで楽しむ最高の”遊び”と食事の融合ではないでしょうか。

この素晴らしい”遊び”兼”食事”、
本当の醍醐味は、スライダーコースを自分たちでつくること!

家族で過ごす休日が、もっともっと面白くなる。
作って!流して!オリジナルそうめんスライダー!!
irokuma kidsがお手伝いします。

スライダーコースのアイディアだけ持ってきて!

流しそうめんのスライダーは、竹でなくっちゃ!
しかも、オリジナルコースならたくさん繋げたいですよね!
でも、おうちでたくさんの竹を確保するのは一苦労。。。

ご安心ください。
irokuma kidsが大好きな遊び場「あかくら」のご協力のもと、irokuma kidsが竹割りからお手伝いします!

皆さんの持ち物は、
お子さんと一緒に考えたスライダーコースの設計アイディアだけ。
その代わり、とっておきのアイディアを持参してくださいね!

ヘアピンカーブ、恐怖のフォール、ロングコースも?!

さぁ、超オリジナルなコースづくりにチャレンジしましょう。
曲げる、段差をつける、急流を作る、とにかく長くする、などなど、
あかくらの宿の地形も上手に活用して、
試したいアイディアはすべてやってみましょう。

(私たちもちょっと試作してみました。)

最初からイメージ通りのコースが出来上がることは、まず無いでしょう。
でも、失敗は成功のもと。
この試行錯誤こそが、流しそうめんスライダー遊びの真の醍醐味。

「流れた!!!」
この感動に、大人も子どもも夢中になること間違い無し。

流す!待ち受ける!食べる!

オリジナルスライダーができたら、Let’s流しそうめん。

流す人、
お箸を片手に待ち受ける人、
どちらもドッキドキ。
どちらも楽しい。
これが、流しそうめんの良いところ。

流す人は、楽しすぎて永遠と流したくなっちゃうし、
待ち受ける人は、楽しすぎて食べるのを忘れてすくい続けた結果、器が素麺でいっぱいに^_^;
これが、流しそうめん”あるある”。

まとめ

コロナ禍でも、家族だけなら安心。
家族だけだからこそ、やりたい放題!難関コースにもチャレンジしてみましょう。

こんな楽しい遊びが、夏だけしか楽しめないなんてもったいない。
irokuma kidsは季節を先取り。

5月から9月まで、ご希望の日程で受付可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。
夏はずーっと、何度でも、オリジナルそうめんスライダーを楽しもう!

お申込み

irokuma kidsは子どもたちの「やってみたい!」を全力で応援し、「やってみよう!」に変えていきます。投稿に興味をもっていただいた方、こんな体験がしてみたいというご意見などがあれば、お問合せフォームからどんどんお寄せください!

facebook, インスタグラム, Twitter から熊野ならではの最新情報やワクワクする情報をお届けしています!ぜひフォローお願いします。

また、現在参加を募集中のアクティビティーも多数ございます。
みなさまのご参加をお待ちしております!