あそび

秘密基地を創りたい!

秘密基地、なんてワクワクする響きでしょう。
誰でも一度は憧れたことがあるのではないでしょうか。

内緒話をしたり、自分だけの秘密の木の実コレクションを隠しておいたり、
双眼鏡をのぞいて”監視役”をしてみたり。。。

竹や木を使って創る、森と一体化した見つからない秘密の基地。

あかくらの山を散策していたら、絶好の”ひみつきちポイント”を発見しました。
やってみたい! と思ったら、よし、やってみよう!

4月24日、
irokuma kids長期プログラム「秘密基地を創って遊ぼう!」が始まります!

材料は、竹と杉!

あかくらの宿のまわりの森は、実に多様です。
そのなかに、竹と杉が混ざり合って生える斜面があります。
足元はふかふか、全体的に緑の光があふれていて、
差し込む光が葉っぱでユラユラとゆれています。
あるのは、鳥の気配と、風にゆれる竹と杉が響かせる音だけ。
これは!絶好の”秘密基地ポイント”ではありませんか?!

ここに、竹と木でできた、森と同化するような秘密基地を創りたい!

4月、ひみつきち創り始動!

irokuma kids 長期プログラム第一弾
秘密基地を創って遊ぼう! が、
4月・5月・6月にかけて3回連続企画として始まります!

初回   4月24日(土)
第2回 5月15日(土)
第3回 6月5~6日(土・日)

使えそうな材料の物色、
のこぎり やロープワークの練習、
平地での基地創り、
クライマックスは地上を離れてバンブーツリーハウスみたいな秘密基地を目指します。

大枠の骨組みはirokuma kidsが提案し、
細かな部分は子どもたちのアイディアで決めます。
一緒にワクワクしましょう!

プログラム詳細は、こちら

「立派」 より 「秘密にしておきたい」 を目指そう。

さて、秘密基地を創るなら、どんなものが良いだろう?

取敢えず、太めの竹を1本切って、試しにやってみました。
突貫工事1時間チャレンジ!

テーマは、見つからない基地。
できたのは、竹の葉っぱの…?!
カモフラージュできているでしょうか^_^;;

やっているうちに、
こうしたいなぁ
こっちのほうが良いかなぁ とか、
妄想があふれてきます。

完成度が高い「立派なもの」を創るより、
自分のなかにある妄想をかたちにする試行錯誤が
楽しさにつながることを実感。
子どもたちと一緒に、個性的で誰にも見つからないような
とっておきの秘密基地を創りたくなりました。

まとめ

irokuma kidsは、「やってみたい!」を全力で応援し、「やってみよう!」に変えていきます。

「やってみよう!」が始まったら、とことん一緒に試行錯誤して、「やってみるって楽しい!」を増やしていきます。

投稿に興味をもっていただいた方、こんな体験がしてみたいというご意見などがあれば、お問合せフォームからどんどんお寄せください!