熊野の楽しい遊び場
irokuma kids
       
あそび

3分でできる!手作りハンモック

こんにちわ。
熊野の遊び場 irokuma kids 井上です。

木漏れ日の中、ハンモックでゆらゆらしてみたい・・・
誰もが一度は夢見るハンモック。
実は、材料はたった2つ所要時間たった3分でできちゃいました!!
2本の木があれば、どこにでも作れます。
超オススメです。

ハンモックへの憧れ

私にとって、ハンモックといえば「ムーミンパパ」。
平和な世界の象徴のような存在です。

現実世界では、数年前からおしゃれで自立式&お手頃価格のものが増え、キャンパーにも人気のアイテムになっているようです。

しかし!
リアルマインクラフト遊びを極めたい私は、どうしても手作りしたい
(ちなみに、ゲームの世界のマインクラフトでもハンモックは登場するようです)
熊野のリアルな自然に囲まれて、木漏れ日の中、木の間にゆられて、完全に気配を消して、動物や鳥たちとお近づきになりたい!!

そしてついに、その憧れが叶う日がやってきました

材料はたった2つ、所要時間はたった3分

今回参考にさせていただいたのは、こちら↓の動画。
ぜひご覧ください。

なんと、必要なのはロープとカーテン(丈夫な布)だけ
しかも、たった3分でできるらしい!

そして、奇跡的に「カーテンみたいな布を大量にいただいたのだけれど、使い道を一緒に考えて欲しい」という依頼をいただいたのです。
これはもう、運命。
電話を切ると同時に、ロープを買いに出かけました。

本当に3分でできちゃった!

さっそく、我が家の裏庭で練習してみました。

  1. 輪っかにしたロープのうち1本の端っこを、1本目の木に巻き付けてよく引っ張る
  2. ロープの逆側の端っこに、カーテン(上部な布)を通して引っ張る
  3. もう1本のロープを、①②同様と同様に2本目の木にロープをくくってカーテンを通して引っ張る
  4. 完成!


本当に3分でできちゃいました!

ハンモックの醍醐味

このハンモック、自立式と何が違うかというと、安定しない地面や斜面でも、頑丈そうな2本の木があればどこにでも設置できるということ。
山の中でも好きな場所に設置して、鳥たちの様子を間近に観察することも可能なのです!

ということで、庭の裏山で実践。
設置はやはり簡単。
傾斜地でも大丈夫です。
横になってみると… 目線はこんな感じ。
メジロが近くの木の幹で虫を探したり、木の実をついばみにきたり、遠くの空では悠々とトンビが旋回していたり。
サワサワという葉のこすれる音も心地よいです。

まとめ

このハンモックチャレンジ、きっと自然の中でやるのが一番気持ちが良いのだと思いますが、実は身近な場所どこでもできます!
参考にした動画は、公園でやっています。
すると、子どもたちが興味津々に集まってきていますね
みなさんも、是非身近な場所で試してみてください!

もちろん、irokuma kidsのリアルマインクラフトアクティビティとしても採用!熊野の
熊野の自然のなか、子どもたちと思い思いの”ベストポジション”を探して遊びたいと思います。

irokuma kidsでは、子どもたちの「遊びたい!」を全力で応援します。
投稿に興味をもっていただいた方、こんな体験がしてみたいというご意見などがあれば、お問合せフォームからどんどんお寄せください!