あそび

リアルマインクラフト 始めます!

こんにちわ。
熊野の遊び場 irokuma kids 井上です。またまた新しい取り組みを始めます!

それは、

”楽しすぎる山遊び”開発 !!リアルマインクラフト!

いま、たくさんの子どもたちがはまっている”バーチャル”な世界のゲームといえば、

  • マインクラフト
  • あつまれ動物の森
  • スプラトゥーン
  • マリオ
  • フォートナイト など。

夢中にさせているのは、「モノを作る楽しさ」「自由な冒険」「生き物との出会い」「戦いと勝利」ということでしょうか。

実は、熊野ならこれらの要素を”リアル”な遊びにできます!

バーチャルにいるなんてもったいない。でもまだ誰もやってない。じゃあ、私たちがやっちゃおう、ということで、irokuma kids が リアルマインクラフト を作ることにしました!

リアルマインクラフトをやろうと思ったきっかけ


最近の井上は、一番楽しい山遊び は 何か??こんなことばかり考えています。

私は小さいころ、近くの森林公園で毎日のように友達とアスレチックをしたり、山を歩き回って遊ぶのがお気に入りの遊び方でした。
木の実を集めたり、動物の気配を感じたり、かくれんぼしたり、昨日と違う道を冒険して迷ったり。

自然の中の全てが、ドキドキワクワクでした。
同じ世代のみなさんの多くは、共感して頂けるのではないでしょうか?

でも、現代ではそういった環境がなく(少ない)。子どもたちが楽しめているのは、主によりリアル感を出した”バーチャルな世界”

だから、森のワクワクを知っている 井上的には、子どもたちにリアルな世界で思いっきりワクワクして欲しい!!マイクラ以上に面白い ”リアル”な自然を、子どもたちともっともっと面白い遊び場にしていきたい!!と思うのです。

まずは、弓矢を作ってみた!

今回は、子どもたちのニーズにも上がっていた、弓矢を作ってみることにしました。
子どもたちに倣い、マイクラのワクワクの疑似体験です。
インターネットや図書館で借りたサバイバル術の本を参考に、見様見真似でやってみます。

まずは材料集め。
我が家の裏庭から竹を切り出し、
タコ糸を買ってきました。

次に、竹を割り、
角を取り、
(カンナで角を取る作業が大工さんみたいで一番楽しかったです)
穴を空けて、
穴にタコ糸を通します。
矢は、細く割った竹を使うことにしました。

なんとか1つ完成、裏庭で試しうちしてみます。
矢は、ビヨ~ンっと頼りなく飛んで、3回ほど試したところで紐が切れました。
タコ糸を三つ編みにして強度をもたせたはずが。。。


気分転換。場所を変えて、友人宅の海辺のミカン畑へ。
今度はタコ糸を4本束ねてみました。
さっきより飛ぶようになった気がする!
コントロールはまだまだですが、これは楽しい♪

友人もやってみた。
私より様になっている気がする・・・
子どもたちも興味津々。
もっと研究して、子どもにも扱いやすく、命中率が良い弓矢の作り方をマスターしたいと思います。

まだまだ改良が必要だ!
面白い標的も作りたい!

まとめ

とても便利になった世の中、バーチャルが溢れる世の中だからこそ、子どもたちと”リアル”な自然で遊びたい!

リアルマイクラ は始まったばかり、私自身もレベルアップしていきたい。みんなと一緒に成長します。
遊び方開発は続きます。

irokuma kids ではお子様等の遊びたい、こんなことをやってみたいを大事にしています!

こんな遊び方をしてみたい、という声があれば、
ぜひお問合せフォームからご意見をお寄せください!