たべもの

リアルマインクラフト ミカンの果樹園を作ろう!~スクスク育ってます~

2月に八朔やポンカンなどから取り出した「種」、
5月現在 スクスク育っています!

まさか、いつもなら我が家の生ゴミ処理所(コンポスト)行きになっていた種から、
こんなに可愛い芽が、こんなに沢山でてくるなんて!
ずぼらで植物栽培に不敵な井上ですが、
可愛い芽は、けなげにぐんぐん育ってくれています。

植物は私たちの毎日に”驚き”と”ワクワク”をくれるもの!

土も植木鉢も要りません、取敢えず始めてみませんか?
リアルマインクラフト ミカンの果樹園を作ろう。
オススメです。

朝、「おはよう」の霧吹き

2月に柑橘類の種を綿のベッドで育て始めてから、
井上家の毎朝は「おはよう」の霧吹きがルーティーンになりました。

でも、そこは”ずぼら”な井上のこと。。。
ルーティーンを忘れてしまうこともありました。
でも、大丈夫!!
ほぼ100%の種たちが芽を出し、健気に育ってくれています。
柑橘類の栽培は素人でもかなりの確率で発芽をみられ、実は素人向けかもしれません。

「こっちの種もようやく発芽した!」
「おぉ 今日も伸びてるなぁ」
ちょっとした変化が、驚きやワクワクとして心にすごく響きます。

ちなみに、↓こちらでぐんぐん伸びているのは、熊野市名物「新姫」というカボスに似た果実。
そろそろ土に植え替え時かな、と思いつつ、すくすく育つ様子が可愛らしすぎて植え替えの踏ん切りがつかず、キッチンで伸び続けてもらっています。

「まだ出な~い」 → 「芽が出た!」

こちらは、先月、一足先に土に植え替えた八朔と新姫。
手前の八朔は双葉がどんどん大きくなり、
緑色も日々濃くなってきています。

奥で伸びるやわらかな緑色は、新姫。
双葉の間から次々に葉っぱが出てきました。

植え替えてからしばらくは、なかなか土の中から芽を出さず、となりのトトロのメイちゃんばりに心配しましたが、最近の不安定な天気のおかげか、ここ数日で急速に芽を出しはじめ、育ってきました!
初夏の朝日に照らされて、葉っぱはツヤツヤ。
日々の変化に、自然と顔がニヤけてきます。

まとめ

いつも以上に、前向きなニュースや気持ちを切替えるきっかけが欲しい昨今、
「種」から始まった小さな緑色の存在感は絶大です。
毎日育っていく”ワクワク”を、みなさんも一緒に楽しみませんか?

今の季節は甘夏が旬。
(参考:アタシカ果樹
取敢えず、美味しく食べて、出てきた種を湿らせた脱脂綿の上に置いてみましょう。

このワクワクに興味を持っていただいた方、どうやって始めたら良いかわからないという方、お気軽にお問合せください!

お問合せ

irokuma kidsは子どもたちの「やってみたい!」を全力で応援し、「やってみよう!」に変えていきます。投稿に興味をもっていただいた方、こんな体験がしてみたいというご意見などがあれば、お問合せフォームからどんどんお寄せください!

facebook, インスタグラム, Twitter から熊野ならではの最新情報やワクワクする情報をお届けしています!ぜひフォローお願いします。

また、現在参加を募集中のアクティビティーも多数ございます。
みなさまのご参加をお待ちしております!